平成22年度三重県体育指導委員研修会

2010/12/20 (月曜日) 01:23 sakai | 活動報告

 12月19日(日)平成22年度三重県体育指導委員研修会兼 第51回三重県体育指導委員研究大会が、伊勢市ハート

プラザみそのと、伊勢市立御薗小学校体育館で行われ、津市からは65名県内最多の体育指導委員が参加しました。

 大会の中で長年地域のスポーツ振興への尽力と功績が認められ、津市から2名一志ブロックの若葉健次さんと久居

ブロックの千田勝さんが、体育指導委員功労者表彰を授与されました。(千田勝さん代理 村田一男さん↓)

 

 開会式の後の講演では、皇學館大学教授の 小木曽 一之 さんが 「健康・体力づくりに生かす知識」 と題し スポー

ツに取り組む姿勢、生理学的な変化に基ずく運動処方など、ご本人がフィンランドユバスキュラ大学のkomi教授の研究室

に留学し、博士号を取得した頃の、日本と世界の違いについて、運動と有病率など、データを基に詳しく講演してくださいま

した。(全員ではないのですが、津市体指 ↓ のメンバーです。) 

 

 その後昼食を挟み、会場を伊勢私立御薗小学校体育館に移し、伊勢レクリエーション協会の講師の指導の基キンボー

ルを使用した実技研修 「リードアップゲーム」 を体育館いっぱいを使って行いました。

(頭と体のウォーミングアップ ↓ みんな楽しそうです。 ) 沢山の仲間と行うリードアップゲームは面白い・・!!   

 

大きな円の中に誕生月別にメンバーが入り周りの人がボールを転がして当てるゲーム(左)と、20人の円だとすると、1か

ら5までの数字を割り振り、1の4人がボールを持ち好きな数字をコールし同時にボールをヒット、コールされた数字の人は

ボールが床に付く前に4人で拾い持ち上げ、別の数字をコールするゲーム(右) 

  

 今までキンボールの指導をする時はリードアップゲームはするのですが、時間が少なかったり、参加人数が少なかったり

で納得の行くリードアップゲームが出来なかった、流石人数が居るとこんなにも楽しいものだとは・・・指導方法かな・・?

この感動を沢山の人に伝えたい、先ずは実践、経験、そして自信を持って楽しく指導する事、体指7年目の坂井です。

 

 

 

関連する記事

7月5日
7月7日
6月9日
11月19日
7月4日

コメントを投稿する



*

 
ページの先頭へ