会長挨拶

 平成28・29年度 津市スポーツ推進委員会の会長をさせていただきます、松本忠靖でございます。

 始めに私の住んでいる所を紹介します。美杉町石名原は、今年全線開通しました名松線伊勢奥津駅より西へ4kmの所にあり、近くに桜の有名な三多気の桜があります。

 平成28年度の委嘱式が終わって5ヶ月が経過いたしました。スポーツ推進委員の皆様には総会、懇親会、県事業の初任者研修会、津市スポーツ推進委員会交流会、吉田沙保里選手のオリンピック壮行会、役員会、理事会、部会、各種の研修会に参加されていると思います。各ブロックに於かれましても色々な行事、事業、会議に参加され、活躍されている事と思います。

さて、スポーツ推進委員とは?

スポーツ推進委員はスポーツ基本法第32条に基づき、市町村が委嘱する非常勤職員です。

○スポーツ推進委員の委嘱について

 市町村におけるスポーツの推進に係わる体制の整備を図るため、社会的信望があり、スポーツに関する深い関心と理解を有し、規定する職務を行うのに必要な熱意と能力を有する者の中から、スポーツ推進委員を委嘱するものとする。

○スポーツ推進委員の役割

 津市におけるスポーツ推進委員の皆様には任期中、行政と地域住民との架け橋になっていただき、次の様な役割を果たしていただきたいと思います。

(1)地域のスポーツ推進のため、住民に対し、スポーツに関する情報を提供する。

(2)地域と市との連携をとり、地域においてスポーツ事業を企画運営し、スポーツ振興を図る。
(3)津市スポーツ推進計画の実現に向け、市が主催するスポーツ事業に協力する。
(4)津市のスポーツ振興のため、全市的なスポーツ事業の企画運営を行い、市民にスポーツのすばらしさを伝える
(5)積極的に研修会に参加し、自己研鑽に務め、活動に活かす。

 さて、昨今の健康志向の高まりとともに、市民の皆様のスポーツに対するニーズは多様化してきております。こういった様々なニーズに応え、地域に於ける健康増進やスポーツの普及を進めるためにスポーツ推進委員の皆様と行政が連携した取組が必要であり、研修会等にも積極的に参加し、その資質の向上を図っていくことが重要です。

 今後、津市は平成29年10月には屋内総合スポーツ施設(サオリーナ)が完成し、平成29年12月には、第58回三重県スポーツ推進委員研究大会兼研修会、平成30年度(全国高校総体)、平成32年度(国体三重開催:とこわか国体)の開催など全国規模の事業が予定されています。平成28年度は第12回津シティマラソン、第64回東海四県スポーツ推進委員研究大会(志摩市)、第10回美し国三重市町対抗駅伝、、第57回三重県スポーツ推進委員研究大会兼研修会(伊賀市)、津市スポーツ・レクリエーションフェスティバル(11月6日)と多くの大会が予定されています。

 また、各ブロックにおいても会員皆様が顔を合わせる機会を多くつくり、親睦を深める場所づくりに務め、委員の推薦をいただいた地域の体育振興会の皆様や総合支所の担当者の方もスポーツ推進委員の役割を理解し、事業や大会に委員の協力をお願い申し上げます。

 津市スポーツ推進委員会の4つのブロックの輪と行政の1つの輪で5つの輪がオリンピック五輪のようにうまくかみ合わせ、他の団体、協会と連携し、津市のスポーツを盛り上げていきましょう。

 最後になりましたが、スポーツ推進委員の皆様の事業、大会への多くの参加協力をお願いいたします。

平成28年4月

津市スポーツ推進委員会

会長 松本 忠靖

松本会長
 
ページの先頭へ