「きて、見て、触って、楽しんで!」をキャッチフレーズで開催している、恒例の栗真地区の住民の皆さんの冬期の健康づくりのニュースポーツフェスティバルが新型コロナウイルス感染拡大の終息が見えず、参加者の(幼児~高齢者)安全・安心対策が難しいと判断し、今年度の開催は中止としました。、コロナ禍が終息に向かうことを祈るばかりです。(計画していた種目:グラウンド・ゴルフ、タスポニー、ディスクチャレンジ、ユニカール、クロリティー、ボッチャ、スカットボールの七種目)写真は:前年度の実施状況です。

 

      

 

     

 

 

 

 

 

 

 
ページの先頭へ