3月以後の新型コロナウイルスの感染拡大により、学校体育施設の開放時業も自粛となり体育館等の利用自粛が実施されてましたが、6月1日より利用が可能となりました。 ただし、利用に際しては感染予防対策を徹底する事が前提となっています。①発熱・風邪症状がある場合は控える。②マスクを着用(運動時は不用、但し人と人との間隔を2m以上確保)すること。③咳エチケット(マスク着用、ティッシュ、ハンカチなどで口・鼻を覆う、袖で口・鼻を覆う)を徹底すること。④流水と石けんで、こまめな手洗い(施設の利用開始前と終了後、トイレの後、共用の用具の等の使用前後)を行うこと。※流水で手洗い出来ない場合には、アルコールを含んだ手指消毒液を使用する事とし、消毒液を準備する事。⑤児童・生徒を含む多くの利用者が手を触れる箇所(ドアノブ、手すり、スイッチ、用具など)を適切に消毒すること。⑥密集する活動や、近距離で組み合ったり接触したりする場合が多い活動、向かい合って発生したりする活動については、密集せずに取って行う事ができる活動に替える工夫をする事。⑦当面の間、活動は利用登録のある学校内で行い、対外試合、合同練習などは実施しない。⑧体育館ではドアを広く開け、こまめな換気を行う事。以上8項目(津市教育委員会指示)を厳守して地域スポーツ、生涯スポーツの普及・振興と地域コミュニケーションを高めたいですね。

                                                 

                                                                       

関連する記事

7月7日
6月15日
6月3日
2月16日
6月3日

コメントを投稿する



*

 
ページの先頭へ