絶好の秋晴れに恵まれた11月10日(土)10:00より三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿にて県のスポーツ推進委員の30年度研修会兼、第59回研究大会が鈴鹿では20年ぶりに開催され、県下各地区より約250名が参加しました。津市スポーツ推進委員は41名が『楽しさ広がるウォーキング』~ウォーキングとポールを使ったウォーキングの実際~について 講師:鈴鹿回生病院健康運動指導士 深間内 誠氏、北村 網為氏の両講師が座学で、「正しいウォーキングとは」、「けがの予防のストレッチの仕方」、「ポールを使ったウォーキングの理解」など午前中の講演で理解を深め、午後の実技研修に理解を深めた。午後はいよいよポールを使った実技研修です。自分に合ったポールの選定(前方着地メソッド、後方押し出しメソッド)~ポールの装着の仕方~ポールを握ってのウォークの仕方等の実技研修で初めてポールを握る方も多く汗をかきながら実技研修に取り組まれておりました。この研修を通じて普段歩いている姿勢、スピード、歩幅等が日常の健康管理について重要な要素であることを再認識しました。

      開会式         ウォーキングポール     ポールの装着は?

  CIMG2214   CIMG2216   CIMG2220

     実技研修の場

  CIMG2217

 

関連する記事

5月12日
12月17日
10月24日
12月22日
4月29日

コメントを投稿する



*

 
ページの先頭へ