令和4年4月14日午後7時から血市役所8階大会議室で津市スポーツ推進員委嘱式及び第1回総会が行われました。その様子をお伝えします。

本年度のスポーツ推進員は総勢113名です。

委嘱式では前葉市長から「コロナで多くの行事が実施できていないが夏以降は新しいスタイで「ウイズコロナ」で実施していきたい。平成23年から更新されていないジャンパー(津市体指と刺繍あり)の更新もしてください。2021年とことこわか国体が開催できずいたたまれない気持ちである。ただその準備金として用意していた14.5億円の10億円が残せた。半分の5億円は県に返上したが、半分が残っているため今後スポーツ振興基金(競技スポーツ)、障がい者スポーツの審判員不足対策、コロナ対策に投入していく。また生涯スポーツ、日常利用されている市内スポーツ施設の整備等を充実させます。スポーツ推進員から意見をお聴かせいただき市民が安全にスポーツ出来るよう協力願います。」とご挨拶されました。

その後、本庁および各支所の担当職員紹介、スポーツ振興施策概要説明(市内スポーツ施設の利用状況からの整備計画)、スポーツ推進員の職務について等式次第に沿って執り行われました。

委嘱式終了後、休憩を挟んで、第1回総会が行われました。

総勢113名中72名が当日参加。28名の委任状が届いていることから総会成立として進められました。

第1号議案として、新年度の役員選出(案)が提出され、満場一致で松本会長、副会長(坂井、筒井、小林、藤岡)が選出、女性委員長(三岳)、会計(稲垣、北林、森、眞伏)、監事(大西、秦)、理事(31名)が承認されました。理事長、副理事長、各部会長を後日選出することとなりました。

新しい2年間、予定された行事が執り行われて多くのスポーツ愛好家が集うことを期待したい。

 

 

 

関連する記事

3月21日
4月14日
4月18日
3月26日
4月18日

コメントを投稿する



*

 
ページの先頭へ