新型コロナウイルス感染拡大防止対策で全国的に昨年4月より緊急事態宣言、まん延防止宣言などこれまで当たり前の生活様式が出来なくなるという事態になりました。不要不急の外出は制限され地域住民の皆さんとのコミュニケーションも激減し不安ばかりが募る状況です。特に地域に居住される多くの高齢者の皆さんの身体、精神、社会面等へ悪影響が「フレイル化」へ向かう事が心配されています。このような状況を鑑み、高齢者の方の方が安全かつ安心して運動を行うための具体的手引きがあることを「みんなのスポーツ」で紹介されています。各地域でも多くの高齢者の方が居住されていると思いますので、高齢者の方が「フレイル化」に陥らないように参考文献が紹介されていますのでご覧下さい。私も地域の高齢者を中心とした諸団体へのアプローチを行っていこうと思っています。※「フレイル化」:加齢と共に心身の活力が低下し、生活機能障害、要介護状態、死亡などのリスクが高くなった状態 ※参考文献:新型コロナウイルス感染対策に係わる外出等自粛要請期間中のフレイル化予防運動の手引き(筑波大学大蔵研究室ホームページ)           

 

               「みんなのスポーツ」誌(2020/8/9)引用

    

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事

10月29日
9月1日
8月17日
6月27日
6月15日

コメントを投稿する



*

 
ページの先頭へ