3月17日(土)津市のメッセウイングみえ 2階の大会議室で、~新たなスポーツ施設のあり方~と題した講演が

ありました。 その方は皆さんご存じの 小椋久美子さんです。バドミントンのオグシオの小椋さんです。三重県出身です。

津市では現在、平成28年度の施設供用開始を目指し、新たなスポーツ施設建設に向けた取り組みを進めています。

計画中の施設概要等を、広く市民に周知させることを目的として、今回のシンポジウムの開催になったようです。

小椋さんは自分が現役の時に日本はもとより、海外でプレーをした時の体育施設の思い出をフリートークと言う

かたちで講演をされました。

 

津市のスポーツ推進委員会のメンバーにもお誘いがあったようで、会場にカメラを向けたら・・ビックリです。あちらにも

こちらにも・・・?いつも見る顔が・・・!後の方では、「親しまれるスポーツ施設とは」と題し、パネルディスカッションという

かたちで、色々な角度から話しをされていました。

 

2021年(平成33年)には、三重県で国体が開催される予定です。その日の為に今から(本当は3年位前から)動く!!

そしてメインアリーナに3.000人の観客を入れて、トップアスリートのスポーツを観戦する。

・・・平成33年なんて・・・あっという間・・・

 

 

 

関連する記事

7月25日
12月21日
5月13日
4月18日
5月17日

コメントを投稿する



*

 
ページの先頭へ